様々な種類

プラセンタと一口に言っても実は様々な種類があります。それぞれのプラセンタの特長を把握してどのプラセンタが自分にあっているのかを判断しましょう。安価で購入できるプラセンタのサプリなどに多いのが植物由来のプラセンタです。植物の胎座から抽出されたプラセンタを使用しています。植物由来のプラセンタは安価で購入できるというメリットがあるので続けやすいですが、成長因子が含まれていないというデメリットが有ります。そのため、美容と健康の効果は高くありません。更年期にも効果が薄いと考えられます。
動物性のプラセンタは様々あります。その一つが羊プラセンタです。羊の胎盤から抽出されたプラセンタで、人の胎盤と近いので拒否反応が起こりにくいというメリットが有ります。人間の身体に浸透しやすく、薬物汚染のリスクもほぼ無いので安全性が高いです。

安価で高い効果があるのは豚プラセンタです。一年に二回の出産を行ない、一回の出産で10頭以上もの子豚を出産します。そのため、大量にプラセンタを抽出することができるので値段がリーズナブルです。ただし、豚は病気にかかりやすいので、病気にかからないように様々な薬を飲んでいます。薬物汚染のリスクが心配という方は、安全管理が徹底されチエルSPF豚という豚から抽出されたプラセンタを使いましょう。
抽出する機会が少ないので値段が高いのが馬プラセンタです。馬の飼育は環境管理が徹底されているので非常に良質のプラセンタが抽出できます。また、他のプラセンタよりもアミノ酸の含有量が群を抜いて多いので効果が高いです。更年期の症状にも効果があります。
その他に、医療機関では人の胎盤から抽出したヒトプラセンタの注射を行なうことが出来ます。それぞれに違った特長があるので、自分の経済状況や身体の悩みに併せて選びましょう。